包茎・短小・早漏の痛くない日帰り治療ランキング

包茎・短小・早漏の治療における泌尿器科と美容整形外科の差

泌尿器科と美容整形外科の包茎・短小・早漏の治療の差は?

健康保険の適用について

泌尿器科で治療を行う場合、
日常生活(排尿)や性行為に支障がある症状を改善するために行う治療は
保険が適応されますから安い費用で治療を受けることができます

 

但し、日常生活(排尿)や性行為に支障がある症状以外は保険は適応されません。
つまり、真性包茎やカントン包茎は適応されますが仮性包茎には適応されません。
又、早漏や短小の治療も保険は適用されません

 

ですから、泌尿器科で保険を利用して治療を行う場合には、
真性包茎とカントン包茎だけだといえます。

 

ところで、美容整形外科で治療を行う場合は、真性包茎とカントン包茎などの
すべての治療が健康保険が適用されず自由診療となりますから
泌尿器科に比べれば当然割高になります。

 

では保険が適用されること以外の差はどうでしょうか?

 

 

技術的な問題について

まず、泌尿器科の場合に「治療」と言われている行為が美容整形外科では「整形」となります。

 

そして、泌尿器科も美容整形外科も、技術的には執刀医の腕が当然関わって来ます。

 

しかし、泌尿器科の場合は包茎の手術がそれほど数多くない、という点を考えれば、
毎日数多くの包茎の手術を行っている
経験豊富な美容整形外科に比べればどうしても技術的には劣る傾向にあります。

 

又、術後の綺麗さという点に於いても美容整形外科はこれを目的としていますから
美容整形外科の方がすぐれていると考えられます。

 

 

美容整形外科を利用する場合の注意点

美容整形外科の場合は、あくまでも自由診療なので、
良心的なクリニックであれば心配要りませんが、
そうでないクリニックの場合には、不要なオプションを勧められる場合が有ります

 

特に悪徳なクリニックの場合は、知識の少ない患者の不安を煽って、本来不要なオプションを勧めて法外な治療費になってしまう場合が有ります
当サイトはお勧めしているクリニックはそのような心配はないと考えますが、

 

念のために以下の点に注意しましょう。

  • 複数のクリニックの無料カウンセリングを受ける。
  • 簡単にカウンセリング当日に手術は受けないで一旦家に帰り冷静になってみる。
  • 受けた複数のカウンセリングの治療内容と治療費の見積もりを比較検討する。
  • くれぐれも術後に性感帯に支障が無いかを確認する。
  • 治療に使う費用は上限を定め、どんな話もうかつに受け入れない。
  • 少しでも怪しいと感じたらきっぱりと断る。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
本田ヒルズタワークリニックの詳細 上野クリニックの詳細